WordPressを5.3にしたのですが、記事エディタが大きく変わりました。とっつきツラい上に、なぜかHTML記述しか受付けてくれいない状況になって、困っていたのですが、ビジュアルエディタへの変更ボタンの出し方が分かりました。##CloudFrontの設定を修正する必要があるWordPressは、ビジュアルエディタが使用可能な環境かの判定をHTTPヘッダのUser-Agentを元に行っています。しかし、CloudFrontは設定をしておかないとUser-Agentを削除してしまうらしいです。それでは、CloudFrontを使っていても、User-Agentが削除されないように設定をしていきましょう!CloudFrontを開き、今回修正したいサイトに設定されているDistributionsを選択します。タブを**Behaviors**に切り替えたら、path-Pattern:/wp-admin/*の設定で、「ForwardHeaders:whitelist」にして、「WhitelistHeaders」に「User-agent」を登録します。WhitelistHeadersの候補欄には、U

続きを見る

関連記事

Wordpressの翻訳が読み込まれないと思ったときに確認すること

以下を確認して、設定が正しいかをチェックするとよい。#1.Plugin情報が書いてあるPHPFileplugin.php 

超つまった、困ってた。MAMP Pro5のローカル開発環境設定ができず、wpサイトをローカル表示ができなかった件

#私のスペックウェブエンジニアのバイトを初めて、数ヶ月のへっぽこ。#困ったことMAMPPro5のローカル開発環境設定がで 

windows10のdockerでのwordpress立ち上げでerror establishing a database connectionが表示される時

##環境-OS:Windows10home(重要)-Docker:DockerToolbox(重要)docker-com