WordPressを5.3にしたのですが、記事エディタが大きく変わりました。とっつきツラい上に、なぜかHTML記述しか受付けてくれいない状況になって、困っていたのですが、ビジュアルエディタへの変更ボタンの出し方が分かりました。##CloudFrontの設定を修正する必要があるWordPressは、ビジュアルエディタが使用可能な環境かの判定をHTTPヘッダのUser-Agentを元に行っています。しかし、CloudFrontは設定をしておかないとUser-Agentを削除してしまうらしいです。それでは、CloudFrontを使っていても、User-Agentが削除されないように設定をしていきましょう!CloudFrontを開き、今回修正したいサイトに設定されているDistributionsを選択します。タブを**Behaviors**に切り替えたら、path-Pattern:/wp-admin/*の設定で、「ForwardHeaders:whitelist」にして、「WhitelistHeaders」に「User-agent」を登録します。WhitelistHeadersの候補欄には、U

続きを見る

関連記事

WordPressをSQLで色々変換するクエリ

めったにないのですが、たまにあるのが投稿タイプの変更だったり、一括でカテゴリーをつけたりする事がありますね。豆腐を買い忘 

【Wordpress】Smart Custom Fields(SCF)で繰り返しのカスタムフィールドをコード定義&REST API出力する

#やりたいことSCFの繰り返しのフィールドをコードで管理し、更にAPIで出力する#やりかた##コード定義https:// 

DockerComposeでWordpressをローカルに再現する

すでに走ってるWordpress、ローカルに再現したくない??※dockerインストールについては割愛させていただきます 

新着はてなブックマーク

【翻訳】wordpressのプラグインで毎月5万収益を得ている話 - Qiita

この記事はConverting My WordPress Solution into a $500/Month Side 

【WordPress】独自のブロックを簡単に作成できるプラグイン「Block Lab」ー後編 | バシャログ。

こんにちは、koyaです。 今回は前回の続きを書きます。 前回のおさらい 前回はプラグインでブロックのフィールドを作成す 

WordPressをダウングレード(アップデートを元に戻す)する方法 | WordPressでホームページ作成講座

WordPressを運用しているとアップデートがつきものですが、いいことばかりじゃありません。 場合によっては、深刻なダ